インターンシップが抱える問題点

バナー

インターンシップが抱える問題点

インターンシップは大学生など、近々就職することを予定している学生を企業に受け入れ、実際の業務の中で経験を積ませるということが目的になっています。
大学生にとっては実際に社会で働くことの意味や目的などを探ることが出来るというメリットがありますし、企業としては業界内で働く意欲のある人材を見つけることが出来るというメリットがあります。
ただしかしインターンシップはそうしたメリットがある反面、いくつかの問題点を抱えてもいるのです。

まず最も注目されるようになった問題点となっているのが、インターンシップを希望した学生と受け入れる企業側の認識のギャップです。

学生としては実際の仕事を体験することで学びたいという意思があるのに企業側は単なる労働力としか見ていない、学生は営業など特定の業務をしたかったのに企業側は事務作業をさせたかったというような場合、このギャップが問題になってきます。


こうなってしまうとどちらにとっても良い結果にはなりませんから、インターンシップに使った双方の時間と費用が無駄になるのです。


また、学生側が「就職のための踏み台」として制度を利用しているということも問題点の一つです。



本来であれば先に述べたように業界に興味がある人が利用するべきと言えるのですが、大企業でインターンシップをしたことがあるということが就職試験におけるステータスになると考えている学生が非常に多く、もともとその業界に就職する気が無かったのに制度に参加するということが横行しているのです。

留学のインターンシップ情報探しのサポートをいたします。

こうしたことは学生と企業、どちらも歩み寄りをして改善していかなくてはならないものです。今後制度がさらに広まっていくに当たり、効果的な改善策が必要となるのは間違いないでしょう。

All Aboutの便利な情報を集めたサイトです。